犀の角

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

暫定冬越飼育環境(トラオ)

室内クーリングさせるか、室内保温飼育をするかを非常に迷っております。
夏にベランダ飼育をしたところ意外に成長しなかったので、この冬で一気に保温飼育で大きくしてみようかなと思ってまして。実際ベランダから室内に戻して1週間で体重が約10g増加しました。
ただ、あんまり早く大きくさせると甲羅の変形が心配です。
モリイシもあまり大きくならなかったので去年の温室をもう一度引っ張り出してみようかなとも思っていますが、うーん迷いどころです。


DSCF1088.jpg
暫定飼育環境。
ぷかぷか浮いてるのはコウイカの甲です。意外に齧ってますよ。

DSCF1108.jpg
水深は割と深めで甲羅がほとんど浸かる程度です。
ほとんど陸にはあがらず水中にいることが多いです。

DSCF1105.jpg
よっこらしょっと陸に上がって・・・

DSCF1089.jpg
バスキングタイム。

スポンサーサイト

PageTop

温室導入

寒くなってきてピタリ適温だけでは不安になってきたため、ついに温室設備導入!

DSCF0103.jpg
ホームセンターで買ったビニール温室(園芸用)
温室自体は現品処分でたったの3000円也。
手前にジッパーがついていて簡単に開けるので管理も楽チンです。
一番下段のプレートヒーターを20度ちょっとに設定し、ピタリ適温を併用することで水温は30℃程度に保たれています。



DSCF0128.jpg
ご開帳。
カメたちは日光浴中ですので写ってません。
左がトウブ、右がモリイシ用となっております。

トウブ用タッパーの水深は泳ぎが下手なので、一番前方の椎甲板が半分くらいつかる程度です。
ミズゴケに潜って頭だけ出してることが多いですが、人が近づくとのそのそ出てきます。
以前は陸場もつくってたんですが、全くあがろうとしないために今は設置してません。

モリイシ水槽の水深は4cmくらいですかね、適当です(^^)
普段は水場メインですが、バスキングランプをつけると陸にあがる事が多いです。
人が近づくとエサくれダンスをはじめます。



DSCF0126.jpg
紫外線ランプも園芸用ので120Vの強力パワー。UVA、UVBともに出てます。



DSCF0104.jpg DSCF0105.jpg
紫外線ランプの照射時間はこれで管理      pica製サーモ



以上の設備ですが、まだまだ飼育スペースあまりまくってます(苦笑)

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。